コピー機からオゾンの臭いがする

オゾンは、1840年に科学者が発見されたと言います。


この科学者は、雷雨の際に際に、オゾンが発生し、奇妙な臭いがすることからも、Ozonと言う言葉を付けたのだと言われています。

知って大満足のリョービの電動工具の情報が詰まったサイトです。

尚、この成分は、空気中にも微量に存在していますが、量が少ない事からも独特な匂いを感じる事は無いのだと言います。

しかし、生活の中にある家電品には、人間がにおいを感じると言うケースがあると言います。


格安カードプリンタの情報がわかりやすく紹介されています。

例えば、ブラウン管方式のテレビやコピー機にように、高圧の電源を必要とする機械からはこの匂いがする事があると言われているのです。
科学者が発見したのも、高圧といわれる雷ですので、高圧を利用している電気製品などからは発生する可能性が高いわけです。因みに、コピー機の場合は、コロナ放電と呼ばれる原理が原因となります。


コロナ放電と言うのは、静電気を発生させるものです。

コピー機と言うのは、感光ドラムに光を使い画像を作り出し、帯電しているトナーを紙に付着させるという原理になります。
トナーを紙に転写する際、紙の裏側部分では大きな静電気を発生させる必要があり、転写帯電器を利用します。

自動車のリースサポートと断言できます。

この転写帯静電気がコロナ放電を起こさせ、静電気を発生しているのです。

あなたが求める山真のレーザー墨出し器情報を多数ご用意したサイトです。

高電圧を利用しますので、オゾンが発生する事になります。

そのため、排気用のファンを回し、ファンの部分にはオゾンフィルターを設置し、濃度を低くする工夫が取られているのです。

一つ上のトーヨーセーフティーのヘルメットに関する有益な情報が満載です。

尚、最近のコピー機は、転写のための静電気を起こす際に利用するコロナ放電が行なわれないため、オゾン臭がするという事は無いと言います。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2087982.html
http://matome.naver.jp/odai/2138432120797553701
http://www.3da.or.jp/